三重県の釣り場 白塚(しらつか)漁港

白塚漁港は隣の河芸漁港と比べるとやや大きく水深も少し深くなっています。どちらかと言えばここ白塚漁港のほうが人気のようです。一番のポイントは白灯台の堤防で、クロダイやシーバス、アジ、キス、メバル、アイナメが狙えます。両隣が砂浜なので投げ釣りで狙う魚が釣れます。春から秋にかけてはクロダイをテトラや堤防先端でウキフカセ釣り。夏場は夜釣りも盛んです。セイゴ(シーバス)、マゴチはエサ、ルアーともいけますがその日や前日の状況でかなり変わります。まず外海を狙ってから港内を探るといいそうです。セイゴ、マゴチは浜からでも十分狙えます。エギングでアオリイカを狙う人もいますがあまり多くはいません。ほかに夏から秋にかけてサビキ釣りでアジ、サバ、投げ釣りでキスが釣れます。秋から冬にかけてはテトラ帯の周りをチョイ投げでアイナメ、ルアーでメバルが釣れます。キスやアイナメは釣り自体難しくないのでファミリーでも楽しめそうです。ただし、港内にはトイレ、自販機などはありません。トイレは1kmほど北にある河芸漁港にあります。

白塚漁協港