サビキ釣り仕掛け

2018年10月22日

FISH&MAPS図解!仕掛け集 サビキ仕釣り掛け

サビキ仕掛けに必要なもの

投げ竿か磯竿

長さ3.5m~4.5m位の磯竿か、投げ竿がおすすめ。これより短いと仕掛けが竿より長くなってやりずらくなります。また、長すぎても扱いにくく手返しが悪くなります。硬さは磯竿なら2~3号、投げ竿なら10~15号程度がいいと思います。難しい釣りではないのでどんな竿でもある程度できますが、長すぎたり硬すぎたりすると長時間の釣りに疲れます。個人的には安い投げ竿10号3.9mを使っています。軽くて便利です。

スピニングリール

スピニングリールなら何でもいいですが、小さいほうが軽くて疲れません。ルアー用のものでも全然使えます。

道糸

ナイロンの2~3号100m程度

クリップ付きサルカン

クリップ式でなくても問題ないですが、クリップがあると後で別の釣りをしたくなった時などに便利です。

サビキカゴ

足元で釣るだけならプラカゴでないほうが手返しがよく手も汚れないいわゆる“普通の”カゴで十分です。個人的にはワニ口式のカゴがおすすめです。プラカゴは、エサの出を調節したいときや、底のほうまで餌を届けたいとき、仕掛けを少し遠くまで飛ばしたいとき、上カゴにして仕掛けの上からアミエビを落としたいときなどに使います。一回ずつプラカゴを外してアミエビを入れるため手返しはかなり遅くなります。どちらかといえば大物狙いですね。
サイズはMまたは中。大きすぎないものを選びましょう。マキエサは一度にたくさん撒くよりも少しずつ何回も撒くほうが魚の居付きがいいものです。大きいとエサの減りも早いですしね。

3~5号のオモリ

カゴと一体になっていれば必要ありません。